画像

ご利用案内

ご利用の流れ


ご利用にあたっての注意事項


利用形態


成果公開について


守秘義務について


ご利用の流れ

ニュースバル放射光施設では、各種ビームラインを大学研究者・公的研究機関・産業界の方々に有償利用いただけます。 放射光利用の相談から利用の終了までは、下図の流れになります。


利用前

  1. 放射光利用をお考えの際は、まずニュースバル(NS)事務室へご相談ください。その後、各ビームライン担当者より折り返しご相談・打ち合わせを行い、利用形態・使用するビームライン・料金・日程などを決定します。
  2. 利用形態に応じた書類を提出ください。
    共同研究・受託研究・研修生派遣:大学との各種契約書類(「高度研事務」へ提出ください)
    共用利用:ビームライン利用申請書(ビームライン担当者経由により「NS事務」へ提出ください)
  3. NSユーザー登録(放射線業務従事者登録)申請書を「NS事務」へ提出ください。
    (注意:予防規程教育 希望日の10営業日前必着です!)
  4. NSユーザー登録書類提出後、予防規程教育の日程が返信されます。
    その日程で予防規定教育(DVD講習)を受講します。
  5. 安全講習終了後、ICタグ・線量計などを貸与いたします。
    ※初回申請後、次回月以降、ニュースバル来所通知書を来所3営業日前までに提出してください。

利用中

  1. 利用中はビームライン担当者がユーザーの実験をサポートします。

利用終了後

  1. IDカード・線量計の返却のほか、報告書を提出頂きます。
    この他、ALSY-ONEによる手続き代行も行っております



ご利用にあたっての注意事項

  1. ニュースバル放射光施設で利用実験を行うユーザーはNSユーザー登録(放射線業務従事者登録)が必要です。
    SPring-8を利用する際に必要なSPring-8ユーザー登録とは別の手続きになりますのでご注意下さい。
    登録は年度毎に必要です。
    そのため、ニュースバル放射光施設で初めて利用実験を行うユーザーだけでなく、前年度から継続利用されているユーザーも年度切り替わりで再度登録を行ってください。
    手続きに時間がかかるため、予防規程教育 希望日の10営業日前までに書類をご提出ください。

  2. NSに来所されるユーザーはニュースバル来所通知書の提出が必要です。(高度研および兵庫県立大学のユーザーを除く)
    来所前には月ごとにメール添付での提出が必要です。(ユーザー登録をおこなった月は必要ありません。)
    ※提出期限は来所日の3営業日前までです。 ※「ニュースバル予約来所の件」とメールの件名につけ、NS事務まで送信ください。



利用形態

利用形態として、長期間契約の共同研究制度、受託研究制度、短期間契約の共用利用制度、および、研究生派遣制度があります。
共用利用制度に関しては成果公開と成果非公開の2つの選択肢があります。ご利用の目的・内容によってどちらを選択するかをご相談の上、お決め下さい。

利用形態 概要 利用料金 成果公開
共同研究 長期間の利用契約です。
企業等から派遣された研究員と本学研究者とが、契約を交わして一定期間共同して研究開発を行います。
要相談 要相談
受託研究 長期間の利用契約です。
企業等から研究費を受け入れ、委託された課題について研究を行います。
要相談 要相談
共用利用 短期間の利用契約です。
1シフト(4時間)単位でビームラインをご自身で利用いただけます。
企業・大学・研究機関の方がご利用可能です。
成果公開で利用料(基本料金)を50%減免できます。
94,600円~
189,200円
/シフト(+α)
○/-
研修生派遣 企業等から派遣された研修生を本大学教員および本施設のスタッフが指導・援助します 35,300円/月 -

共同研究

企業等から研究者や研究経費等を受け入れて、大学教員と企業等の研究者が対等の立場で共通の課題について研究を行います。
大学と共同研究契約を締結し、適切な経費を分担していただきます。共同研究員を大学に派遣する場合は、1名あたり年額 440,000 円を納付願います。
大学が実施する共同研究制度の詳細については兵庫県立大学「研究シーズ・産学連携」を御覧ください。

必要書類のダウンロードはこちら(兵庫県立大学のページに移動します)

お問い合わせ先

兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 事務室
〒678-1205 兵庫県赤穂郡上郡町光都3-1-2
TEL: 0791-58-0249  
E-mail: cast-clerk@lasti.u-hyogo.ac.jp


受託研究

企業等から研究費を受け入れ、委託された課題について研究を行います。大学と受託研究契約を締結していただきます。
大学が実施する受託研究制度の詳細については兵庫県立大学「研究シーズ・産学連携」を御覧ください。

必要書類のダウンロードはこちら(兵庫県立大学のページに移動します)

お問い合わせ先

兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 事務室
〒678-1205 兵庫県赤穂郡上郡町光都3-1-2
TEL: 0791-58-0249  
E-mail: cast-clerk@lasti.u-hyogo.ac.jp


共用利用

企業・大学・研究機関の方を対象とし、ビームラインをご自身でご利用いただける制度です。
1シフト(4時間)から組めるため、短期間の実験に向いています。
成果公開型・成果非公開型いずれかの方式で利用できます。

また、放射光利用が初めての方、試験的に利用したい方のために原則2シフト(8時間)まで無料でご利用いただけるトライアルユース制度もあります。

種別 利用料金 備考
成果非公開 減免なし -
成果公開 基本料金を50%減免 最終利用から3ヶ月以内に利用成果報告書を提出。
トライアルユース 無料 合計2シフト(8時間)まで利用可能。
成果の公開/非公開は選択できます。
利用料金(共用利用)

各ビームライン毎、成果公開の有無、加算料金の有無により料金が異なります。

※ 利用料金の算出は利用状況報告書を基に行われます。

利用料金 = (1)基本料金 × 減免率(成果公開の場合0.5) + (2)加算料金



(1) ビームライン利用基本料金

利用ビームラインにより異なります。

利用ビームライン 1シフト(4時間)あたりの基本料金(税込み)
BL01, BL02, BL03, BL10, BL11 94,600円
BL05 154,600円
BL07 141,900円
BL09 189,200円
(2) 加算料金
区分 単価[シフト数](税込み)
測定代行料 132,000円[1シフト]
休日利用料 281,600円[2シフト(1日)]

※ 産業用分析ビームラインBL05のご利用に関しては合同会社アルシオーネ(ALSY-ONE)による測定支援・代行測定・利用手続き代行も可能ですので、同社までお問い合わせください。この場合、料金体系が異なりますのでご注意ください。詳細はこちら

必要書類のダウンロードはこちら

お問い合わせ先

ニュースバル 事務室
〒678-1205 兵庫県赤穂郡上郡町光都1-1-2 ニュースバル放射光施設
TEL: 0791-58-2503  
E-mail:ns-clerk@lasti.u-hyogo.ac.jp


研修生派遣

企業等から派遣された研修生を本大学教員および本施設のスタッフが指導・援助する制度です。
大学規定により、費用は 35,300 円/月となります。
大学が実施する研修生派遣制度の詳細については兵庫県立大学「研究シーズ・産学連携」を御覧ください。

お問い合わせ先

兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 事務室
〒678-1205 兵庫県赤穂郡上郡町光都3-1-2
TEL: 0791-58-0249  
E-mail: cast-clerk@lasti.u-hyogo.ac.jp




成果公開について

ニュースバル放射光施設を用いて得られた研究成果の公開について。

 成果公開で利用された場合は、利用料(基本料金)が50%減額になります。 この場合、提出していただいた成果報告書の内容は ニュースバルのHPで公開します。(トライアルユースによる成果公開の場合もHPで公開)

 成果非公開で利用された場合は、成果報告書の提出の必要はありません。 また利用課題名も公開いたしません。 利用完了後に成果公開型から成果非公開型へ切り替えることも出来ます。

 ニュースバル施設での実験成果を外部で発表する場合、発表概要(論文誌名・著者、学会名・発表者、等)をビームライン担当者まで連絡願います。




守秘義務について

応募課題や審査に関わる情報および個人情報の取り扱いについて。

本事業関係者は、応募課題や審査に関わる情報に関し、守秘義務を負います。 また、提出いただいた課題申請書および関連資料は、審査の目的のみに使用し、公表することはありません。
ただし、採択された利用課題名および利用者名は、文部科学省に報告するほか、当機構のホームページに掲載する等により、公表させていただくことがあります。 なお、共同研究、受託研究の場合、各々共同研究契約書、受託研究契約書の規定に従います。





ニュースバル運転スケジュール 申請書類・ダウンロード 現在の運転状況 高度産業科学技術研究所 合同会社シンクロトロンアナリシスLLC SPring-8

TOP